• トップ /
  • 矯正歯科で矯正を始める時期

矯正歯科を始める時期

矯正歯科で矯正を始める時期

矯正歯科で総合的に判断

矯正歯科で矯正治療を受ける人が増えています。歯並びが悪いと、見た目が良くないだけでなく、磨き残しができやすく虫歯や歯周病に罹りやすくなったり、発音しにくくなったり、体全体のバランスにも影響し腰痛や肩こりを引き起こす可能性があったりとさまざまな影響があります。歯並びの良くない人は、可能であれば歯列矯正を行うことをおすすめします。子どもの時期に歯列矯正を始めるなら、7歳、8歳頃がいいと言われています。永久歯に生え変わる段階で歯が動かしやすく、比較的痛みも少ないとされるからです。しかし、この年齢はひとつの目安に過ぎず、どの時期に始めるのが最も適しているかは、矯正歯科で状態を確認して総合的に判断することになります。矯正は子どもの時期に行うものと考えている人もいるかもしれません。しかし、子どもの方が歯が動かしやすいことは確かですが、矯正治療に年齢制限はありません。どの年齢からでも始めることができます。矯正治療を受ける場合は、一般歯科ではなく、矯正歯科で相談しましょう。一般歯科でも優れた矯正歯科医がいるところももちろんありますが、そうでないところもあります。専門医のいる矯正歯科では、さまざまな選択肢があり、精度の高い治療を受けることができます。

矯正歯科の基本情報

↑PAGE TOP